【予約】Call my name 原発被災地の犬猫たち 2020壁掛けカレンダー
new
5d7ca7fa00631f63f1649083 5d7ca7fa00631f63f1649083 5d7ca7fa00631f63f1649083

【予約】Call my name 原発被災地の犬猫たち 2020壁掛けカレンダー

¥1,100 税込

送料についてはこちら

お願いがあります。原発被災地の犬猫と私の活動に力を貸していただけませんでしょうか? 2020年版「Call my name 原発被災地の犬猫たち」カレンダーを販売します。★10月下旬発送スタート予定です★ ご予約くださった方には、もれなく予約特典をプレゼントいたします。 2019年版カレンダーは、おかげさまで完売。複数のメディアでご紹介いただくなど大きな反響をいただきました。 カレンダーの売上の一部とみなさまからのご支援で、この1年で40回以上原発被災地の福島県飯舘村に足を運べました。 現地の犬猫のお腹と心を満たすことが中心の個人活動ゆえ、数は多くありませんがこの間に猫5匹の保護(道中含む)と犬2頭の家族探しにも取り組んでいます。 避難指示解除から2年余り、飯舘村の帰村率は20%ほど(2019年9月現在)。 放射性廃棄物の山が、村民の帰村と生活再建の足かせとなっています。 当初に比べれば現地の犬猫は減っているものの、飼い主と離れ離れの犬と餌場を頼りに生きる猫がいまだ数十頭います。 カメラマンである私は、元々は現地の様子を伝えるのが目的でした。 しかし、犬猫たちの澄んだ心と命の輝きを知り、彼らの力になれたらと以来7年半余り犬猫たちの姿をカメラに収めながら、給餌、散歩、保護譲渡に取り組んできました。 私の活動は、2018年に日本テレビで紹介されました。 朝日新聞sippoに寄稿した記事は、Yahooトップに掲載され、Facebookでは数万「いいね」を獲得。 写真展は国内に留まらず、2016年に台湾3都市巡回、2019年は中国・深センのイベントに招待いただきました。 「被災犬猫」の響きに、「かわいそうな犬猫」の思いが浮かぶかもしれません。 しかし、私は犬猫たちの輝きに目を向けて欲しいと思っています。 犬猫たちを笑顔にできるのは「同情」ではなく「愛情」です。 彼らの目は、澄み渡り優しい光をたたえつづけています。 彼らは、可愛げに満ちたわがままもいたずらも忘れていません。 彼らは、人への親愛を忘れずにいてくれます。 彼らが持つ輝きや個性は、私たちの家族である犬猫と何も違いません。 もちろん、1頭1頭に名前や愛称だってあります。 私は現地で顔見知りになった犬猫が大好きです。 彼らは、「幸せになるに相応しい命」と心から感じています。 カレンダーには、私が愛情を込めて撮った犬猫たちの写真を収めました。 訪問を重ねたからこそ犬猫たちが見せてくれた表情や仕草もあります。 私は、ひとりひとりの行動の積み重なりが社会と考えています。 愛と優しさを重ねれば重ねるほど、人も動物も暮らしやすい優しい社会が目の前に広がると信じています。 2020年の365日、どうか被災地の犬猫をあたなたのリビングやオフィスの一員に加えてください。 ●カレンダーは2種類あります。 昨年に続いての「B6サイズ卓上カレンダー」と発売のご要望の多かった「見開きA3サイズの壁掛けカレンダー」です。 このページは『壁掛けカレンダー』です。 ○サイズ:W297xH420 見開きA3サイズ ○仕 様:表紙+見開き12ヶ月+写真とメッセージ1頁 上部にA4サイズの大きな写真、下部のカレンダーは書き込みしやすいデザインに仕上げました。最終ページに、2019年写真展から選んだ写真1枚とメッセージを掲載しています。 ○送 料:200円(注文ごと) ※何冊でも送料は200円です。卓上カレンダー、壁掛けカレンダーを一緒にご注文いただいた場合も送料は200円です。 ◎発 送:10月下旬より順次発送予定です。 ◎ご予約特典:子猫のしおり2枚セット ※カレンダー1個につきしおり2枚1組をプレゼント。 ※卓上カレンダーでも壁掛けカレンダーでも予約特典が付きます。 ☆カレンダーの売上の一部は、現地の犬猫のために使わせていただきます。 ★予約商品と在庫商品を一緒にご注文いただいた場合、予約商品入荷後にまとめての発送となります。 ★在庫商品を先に発送する場合、お手数ですが予約商品と在庫商品を別々にご注文ください。 カレンダーのデザインは、市販のカレンダー、有名テーマパークや大手テレビ局等でのグッズ制作も手掛けた「corohouse」さんにお願いしました。 プロの手により、見やすく使いやすいカレンダーに仕上がっています。 P.S. 犬猫たちも人と同じように歳を重ねています。 すでに亡くなってしまったものも少なくありません。 人が戻れず建物が壊され、そこにあった人と動物の息遣いが忘れさられていく場所もあります。 活気が戻ったのは、飯舘村のほんの一部です。 もし自分が渦中にいたら、社会から忘れ去られることを悲しく感じませんか? 私は、この先も原発被災地の犬猫について伝え続けたいと思っています。 どうか、原発被災地の犬猫と私にあなたの力を貸してください。 ※10月1日以降の発送となりますため、消費税10%の適用となりますことご了承ください。 ※システムの都合上、ご注文確定後の数量変更やキャンセルへの柔軟な対応ができません。お手数ですが、当店までお問い合わせください。